ヘアスタイル 新着情報

もう地味とは言わせない!誰でもできる簡単おしゃれなひとつ結びのポイント

投稿日:

タイトにきっちりは×!ルーズさがこなれ感のポイント

ひとつ結びが地味な印象を与えてしまうのは就活やおばさん結びのイメージのせい。

こなれ感のポイントは全体にルーズにまとめることです。

では、どうすればルーズなひとつ結びができるのでしょうか。

ルーズなひとつ結びに仕上げる3つのポイント

・手グシでまとめる

ひとつにまとめる際クシで綺麗にとかしてしまう人も多いですよね。

これはNGです。

あくまでも仕上がりはナチュラルに!

クシは使わず手グシでざっくりまとめるようにしましょう。

それだけで、ルーズな雰囲気を演出できます。

・後頭部にボリュームを出す
 
必ずやっておきたいのが後頭部をふんわりさせてボリュームを出すこと。

これをするのとしないのとでは、ひとつ結びの印象が大きく違ってきます。

特に横から見た時のこなれ感がぐんとアップ!

全体のバランスを見ながら、毛束を少しずつつまみ出す感じでボリュームを出しましょう。

あくまでも無造作がポイントなので、神経質にならず大胆にやる方が上手くいきます。

・後れ毛を出す

後れ毛もおしゃれひとつ結びの重要なポイント。

耳前のこめかみ・もみあげ・耳の後ろの3点から後れ毛を出しておきましょう。

少し多過ぎるかなと思うくらいでちょうどいい量になります。

後れ毛があることで小顔効果も期待できるのでまさに一石二鳥!

後れ毛のないひとつ結びは今や恥ずかしい!?

そう思ってしまうくらい大きく印象を変えてくれます。

後れ毛によって女性らしさや色っぽさも演出できるのでおススメです。

注意!ルーズとボサボサの分かれ目はここにあった

ルーズなひとつ結びと言っても、ルーズとボサボサを混同してしまってはいけません。

自分ではこなれ感を出したつもりが、周りから見るとただのボサボサヘアに見えてしまうことも!

それだけは絶対避けたいですよね。

ではどうすればボサボサに見えないのでしょうか。

おしゃれひとつ結びに欠かせない3つのポイント

・ヘアワックスを使って毛束感を出す

こなれ感のあるひとつ結びは毛束感がポイントです。

この毛束感を出す為に欠かせないのがヘアワックス。

適量を付けて全体にまとめやすくしましょう。

ヘアワックスを使うことでツヤも出るのでボサボサヘアには見えません。

あえてルーズに仕上げているということをアピールできるでしょう。

ただし付け過ぎは禁物!

ベタベタした質感になり清潔感やナチュラルな雰囲気がなくなります。

・後れ毛はコテでカールに

後れ毛は全てコテを使って綺麗にカールさせましょう。

カールさせることで顔周りに動きが出て、華やかな印象のひとつ結びになります。

後れ毛がそのままだと、どうしてもだらしない印象になるのでカールのひと手間を忘れないようにしましょう。

・最後に全体のバランスを整える

ルーズといっても全体のバランスがおかしかったら台無しです。

最後に三面鏡や合わせ鏡で全体のバランスをチェックしましょう。

後頭部が膨らみ過ぎてないか、ハチ部分が張り過ぎてないかなどしっかり注意して見て下さい。

ルーズ感を出そうと毛束を出し過ぎると、頭が大きくなり過ぎてアンバランスになってしまいます。

バランス良く仕上げてこそ、こなれ感の漂うひとつ結びになるのです。

もうひと手間!ゴム隠しでひとつ結びが更におしゃれに

ゴムの結び目が丸見えになっていると、すごく残念なひとつ結びになってしまいます。

そこで、よりひとつ結びをおしゃれに見せる為のゴム隠しの技をご紹介しましょう。

簡単にできる!おススメのゴム隠し技3選

・ゴム1本でできる基本の技

結び目のゴムを1本とって人差し指を入れます。

後ろから持ってきた毛束を結び目に一周させ、毛先をそのゴムの中に入れ込みます。

入れた毛束を見えないように後ろにスライドさせたらもう出来上がり!

たった1本のゴムだけでできるところが魅力です。

巻き付けた毛束をルーズにほぐすことで、更にこなれ感をアップできます。

・ねじった髪を巻きつける技

先ほどの技のアレンジバージョン。

後ろから持ってきた毛束を2本に分けてねじります。

ねじった毛束を結び目に一周させ、同じように毛先をゴムの中に入れ込んだら出来上がり!

毛束がねじられていることで仕上がりに動きと華やかさが出ます。

・ゴム2本で隠す技

結び目の後ろ側の髪をとって二周ほど巻き付け、巻き付けた下の辺りをゴムで結びます。

毛束を見えない後ろの方にずらせば出来上がりです。

最初の技とは違って、ゴムの中に毛束を入れ込む手間がないのでより簡単!

これなら不器用さんでもゴム隠しが難なくできるでしょう。

・小さいアメピンを使った技

結び目から少量の毛束をとったら結び目に巻き付け、見えない首側の方にアメピンをさします。

土台の毛束も少しすくうような感じで頭皮に向かってさすと、ゆるまずしっかり固定されます。

髪の量が多い人はアメピンを2本くらい使うといいでしょう。

-ヘアスタイル, 新着情報

Copyright© ミラクル美容グッズ・INFOが集まるカワイイ掲示板-フェンディセンター , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.